屋久島 ツアー おすすめ観光 案内

屋久島おすすめ観光

屋久島 ツアー おすすめ観光 【案内】

屋久島北部は屋久島空港やフェリーの発着港・宮之浦があり世界遺産への玄関口だと言われています。

 

苔むす森や幻想的な白谷雲水峡や淡いブルーに輝くいなか浜など美しい景勝地が多いのが特徴です。

 

屋久島空港から西へ行くと屋久島灯台や西武林道、いなか浜などがありますが、移動はレンタカーかバスメインになります。

 

 

 

西部林道は外周道路で唯一世界遺産に登録されており、日本最大の照葉樹林で世界遺産の根拠となった垂直分布 が一望できます。

 

ときにはヤクザル、ヤクシカと出会うこともあるかもしれません。
永田いなか浜ラムサール条約に登録されており、800mほどの美しい砂浜が続きます。
また、絶滅の危機に瀕しているウミガメの日本一の産卵地でもあり春から夏にかけて産卵を見ることが出来ます。

 

島でも中央部に位置する宮之浦岳は、本百名山に選ばれた、屋久島の中央部にそびえる標高1936mをほこり九州で最も高い山です。
西日本のなかでは3番目の高さです。

 

冬期は積雪の為、登山にはそれなりの経験と体力・装備が必要になります。その中でも白谷雲水峡は自然の真皮が結晶化したところで、弥生杉、三本杉のほか、映画「もののけ姫」のモデルでもある苔やシダの原生林を現実にみることができます。

 

屋久島南部は紀元杉や千尋の谷など雄大な自然美の多いところで、昔屋久杉の積出港として賑わった安房周辺を活動拠点として観光することになります。

 

トローキの滝は川から海岸瀑(かいがんばく)という海に直接流れ落ちる全国的にも珍しい滝です。落差6mの背景にはフォトジェニックな景観を目にすることが出来るでしょう。

千尋の滝は千尋の滝落差60m。巨大な一枚岩からV字谷に流れ落ちる自然が造り上げた壮大な滝で、美しさのあまり言葉を失うかも知れません。

大川の滝は日本の滝百選に選ばれている屋久島最大の滝で、水しぶきを浴びるほど滝壷近くまで見に行けます。
また中間ガジュマルは県道のそば、中間川のほとりにある屋久島最大のガジュマルをみることができます。

 

また、世界遺産のシンボルでもある縄文杉へのトレッキングコースも安房から車で40分に登山口があり、登山といってもいいくらいの装備で出かける必要があります。

 

また平内や湯泊には温泉もあります。
湯泊温泉湯泊温泉海岸に面した露天風呂で、男女湯がパーテーションによって仕切られており、波音を聞きながら夕日・月見・星見風呂などが楽しめます。
平内海中温泉は海岸に面し、干潮前後約2時間のみ入れる大変珍しい天然の露天温泉です。
男女湯区別&更衣室はありませんのでカップルには嬉しいかもですね。


ヤクスギランド

ヤクスギランド

 

樹齢数千年の屋久杉が生育し特有の大自然が形成されている屋久島。
初心者のトレッキングにおすすめなところが、『ヤクスギランド』

 

コースは4コース
30分・50分・80分・150分
時間と体力にあわせ選んでください。

 

協力金:300円 入園時間:9〜17時

 

アクセス
バス 安房から屋久杉ランドまで40分
   宮之浦から1時間15分
タクシー 宮之浦から約1時間10分 約8400円

白谷雲水峡

白谷雲水峡(しらたにうんすいきょう)

 

約4,2q約3時間のコース

 

屋久島らしい景観を楽しみたい方にはおすすめのコース

 

 

アクセス
バス 宮之浦から白谷雲水峡行き 35分
タクシー 宮之浦から約30分 約3000円

 

屋久島の宿泊>>屋久島