世界自然遺産 屋久島

屋久島は、九州最南端の佐多岬から南南西に60キロほどの位置に浮かぶ周囲約130kmのほぼ円形(東西約28Km南北約24Km)の島で、面積は約500平方キロ、日本では7番目に大きな島ですが日本の面積の1000分の1(東京23区ほど)しかありません。

 


大きな地図で見る

 

例えば車で島一周するとだいたい2時間ぐらい程度でまわれてしまうでしょう。

 

そんな小さな屋久島ですが、樹齢7200年といわれる驚異的な寿命を持つ縄文杉をはじめとする屋久杉でも有名な自然遺産の島で、1993年に世界遺産に登録されています。
また、九州最高峰の宮之浦岳をはじめ、1000メートルを超す山々が46座もあり、別名「洋上のアルプス」とも呼ばれています。
洋上アルプスのうち1500メートルを超す峰は20座、九州の高峰の上位7位までがこの島に集中しています。

 

また「一ヶ月に35日雨が降る」と小説で言及されるほど独特の気候を持っていて、実に亜熱帯から亜寒帯までが含まれ、九州から北海道の気候が一つの島で見られると言われています。

 

林芙美子が小説「浮雲」で書かれたこの文句は、暖かい黒潮の本流に囲まれ、なおかつ高い山の多い環境のため、近海からの水蒸気が山の斜面を上昇して雲となり多量の雨を降らせるからだといわれています。

 

山間部でも年間8000mmを超えるほど多くの雨が降ります。

 

1999年には全国主要観測地点154カ所の内、屋久島が最多の降雨量となり、年間降水量が*6294.5mmを記録しました。
これは過去最多の6174.5mmの記録を持つ「もっと雨の降る場所」であった三重県尾鷲市を抜く記録です。

 

季節的には春先から梅雨にかけての降雨は多く、 夏や秋は台風が来ない限りなら、比較的降雨量も少なくなっていますが、1mm以上の降水がある日数は低地で年間170日もあり、のべにして2日に1度は雨が降ることになります。

 

そんな豊かな森から流れ出る水には栄養分がたっぷりと含まれ、その栄養分によって海藻やプランクトンが育ち、更にそれが様々な魚介類の餌となって、屋久島の豊かな海を作りあげています。そのためか、島の90%を占める神秘的な森や特異な生態系に1500種、日本の植物種の7割以上の植物種がひしめきあい、さらに固有種(世界で屋久島だけに自生する固有の植物)が*約40種、屋久島を南限とする植物が約140種、北限とする植物が約20種も見られるという特性から「東洋のガラパゴス」とも呼ばれているのです。